asrite.net - TOP

串(プロキシ)の使い方

串の使い方の説明です。
かなり簡略化していますが、とりあえず使う分には支障は無いと思います。

串の設定方法

手動で設定するやり方と、ソフトを使って設定するやり方があります。
結果は同じなのでどちらを使用してもかまいませんが
ここではソフトを使ったやり方を説明します。(手動設定については後の補足を参照)

まず、Cybersyndromeにアクセスし、真ん中辺りの「一発プロキシ設定」をクリック
下側のダウンロードからソフトを落とし(図1-1)、インストールします。

ブラウザを閉じ、もう1回起動します。
そのときの右クリックメニューに
「Cybersyndrome 一発プロキシ設定(X)」が追加されていることを確認してください(図1-2)。

ダウンロード画面 右クリックメニューに付加

串の使用方法

もう一度Cybersyndromeにアクセスし
下側の「Proxy lists」の、上から1or2番目をクリックして串リストページに行きます。
(右側の説明を一読するとわかりやすいかも)

いろいろな色によってリスト化された変なHOSTがずらっと並びます。
灰色以外のどれかを適当に選んで(灰色は、元となるIPを出力する可能性があります)
1つぶん丸ごと選択→右クリックから「Cybersy(ry。
以上で串の設定は完了です。

解除したいときは何も選択せずに右クリックから一発プロキシを押してください。

串は、ほかにもろいろな場所で公開されています。
「プロキシ リスト 串」でググるなどすると、それっぽいのが出てくるかもしれません。

簡易設定画面

補足

注意点

はじめにも述べたとおり、ここで紹介しているやり方はかなり最小限のことですので
いろいろと大事な部分を省いております。

串を使う上での注意点

1.串を使用すると、基本的に速度が遅くなる。
これは、まぁプロキシの性質を知っていれば当たり前のことかも知れませんが
串を使ってネット徘徊すると、差はあるもののかなり速度が低下します。
残念ながらこの問題の解決法はありません。
動作の速いプロキシを使うのも一つの手段かもしれませんが・・・

2.串はしばしば折れて使えなくなる。
串の問題点は、どっちかと言うとこちらの方が重要です。
串はいろいろな理由によって、使用不能におちいることがあります(折れる)。
動作の速い(=人気のある)プロキシはたくさんの人が使うので、折れやすいらしいです。
そのため基本的には串を定期的に差し替えなければなりません。

手動での設定のしかた

上記で紹介したソフトが使えない場合などは、手動での設定を行います。
(他のソフトを使った方法については省略)

まず、インターネットオプションを開きます。
IEの場合は、ツール(T) → インターネットオプション(O)... で開けます。

オプションを開いたら、[接続]タブ → LANの設定 を押します。
出てきたウインドウの、下側の「LANにプロキシ〜」のチェックを入れると
使用するプロキシのアドレス・ポートが入力可能になります(図3-2-1)。
そこに、しかるべきアドレスとポートを入力すれば完了です。

解除はアドレスとポートを削除し、チェックを外せばOKです。

なお、Sybersyndromeの表示方法において
アドレス部は、[ : ](コロン)より左側の様々な種類の文字列、
ポート部は、[ : ]より右側の数桁の数字を指します(図3-2-2)。

IE設定画面 串のアドレス部・ポート部


いじょ。
ブラウザによっては設定の仕方が違う場合もあるかもしれません。
一応ここではIEを前提として説明してあります。

▲ ページトップへ ▲