asrite.net - TOP

VineLinuxの画面サイズを変更する

私は、大学でVineLinux4.2を使っている。
だが、デフォルトの画面の解像度は 1280x1024 であるため、文字が小さくて見にくい。
ことに私は目に負担をかけたくないという気持ちが人一倍強いため、このまま使うことには非常に抵抗を覚える。

そして、Linuxを使用するのはもっぱらプログラミング関係の時に限るので、
尚更、文字は大きいほうが良い。

エディタの文字サイズは設定から変更できるものの、
画面上部のメニューバーなどに使われているシステムフォントなどは変更しようがない。
仮に出来たとしても、面倒だ。それならば、画面サイズを変更したほうが手っ取り早いという訳である。

Wndowsであれば、デスクトップを右クリック→プロパティで即座に変更できたが
Linux の場合はそうはいかない。
ここでは、VineLinux4.2 を例にとり、画面サイズの変更方法を説明しよう。

操作方法

手順は至って簡単である。

1.メニューから【デスクトップ】→【設定】→【画面の解像度】と選択。
Linux_size1

2.[解像度] からお好みのものを選択する。私は1024x768を選んだ。
リフレッシュレートは変更しないほうがいい気がする。
Linux_size2


以上である。
コンピュータによっては画面がずれたりするなど、何らかの不具合が出るかもしれないが
ディスプレイ本体の設定を変更することで、対処できるはずである。
(設定方法については、各PCによって異なるので割愛させていただく)

ちなみに私の場合、画面の表示ポジションが大きくずれてしまうという不具合に遭遇した。

▲ ページトップへ ▲