asrite.net - TOP

midiについて

『MIDI』とは、Musical Instrument Digital Interfaceの頭文字を組み合わせたもので(よくある)、
音楽情報を伝達するための世界統一規格です。
1982年にアメリカで行われた会合でmidiについて話し合われました。
ちなみに、略称とか覚えなくていいんですが
殆どの『midiとは』的なものの一行目には略称書いてあるんですよね。これが。
それに則って私も一行目にちゃんと載せました。

『MIDI』は、AMEI(音楽電子事業協会)の登録商標です。

『GM』は、General Midiの略称で、
互換性を高める為にAMEIによって提唱されました。

GMにはGMレベル1とGMレベル2があり、
レベル1は音楽として成り立つ最低限の情報が扱えます。
レベル2は更にいろいろな設定が可能となっています。
GM規格によりmidiの互換性が更に強くなったのは言うまでもない、と思う。
てかGMがなければ現在のような互換性はなかったと思います。個人的に。
レベル2はGS、XGのように、GMが拡張されるにしたがって
それらに対応(仲介とも言う)する為に提唱されたフォーマットですが
それに対応しているものが少ないのが現状です。

midiは、音楽の演奏情報だけを記録しています。
だから、音の情報そのものを記録するwave形式やmp3形式よりも
はるかにファイルサイズが小さくてすむのです。
ただ、midiファイルには演奏情報しか含まれていないため、必ず『音色』のデータが別途必要になります。
これが『midi音源』です。
音源によって音色はさまざまですし、その分midiの楽しみ方も増えるので
いろんな音源を入手して聞き比べてみるのもいいでしょう。
最近はmidiが激しく普及しているので大抵のPCに音源が入っていると思いますが
音源がない場合は買うか落とすかして音源を入手しなければmidiを聞けません。

ただね...買うとなるとかなり高い出費を覚悟したほうがいいかと。
外部音源は安くて2万円程度、高いものは10万超えます。
また、『ソフトシンセ』なるPCにインストールして使う音源もあります。
比較的安いし場所も取りませんが、発音が遅れるという症状が出るらしいとの噂。

・・・実際に購入して使ってみた。
発音の遅れはある程度設定によって縮めることができるようです。
そして何より場所を取らないのがイイ。

『GS・XG』とかを時々耳にしますね。いや別に耳にしてなくてもいいけど(何
GS規格はGMの発展版でRoland社が作ったもの、
XG規格もGMの拡張版でYAMAHA社が作ったものです。
2つとも、明らかに違う規格なのですが(と言ってもGMレベルでは共通)
最近はGSモードやXGliteなどが備わっていて
YAMAHAの音源でGSを、Rolandの音源でXGを聴くことも『一応』可能になっています。
もちろん本家の音源に比べると再現能力は劣りますが。

別にこれらの規格軍(GM含む)を知らなくても、あまり致命的な事故は起こりませんが、
midi作者さんが『推奨』としているもので聞くと、凄まじく『感じ』がでるのでオススメ。

『SMF』とは、すなわち『○○.mid』となっているファイル形式のことです。
SMF=Standard Midi File
いや別に略称とかは覚えなくていいけど(ぁ
基本的にmidi作成ソフトはそれぞれ独自のファイル形式を持っています。
(SingerSongWriterVer.8なら『○○.ss8』、cherryなら『○○.chy』など)
しかし、このファイル形式のままでは当然他のプレイヤーやソフトで再生することはできません。
そこで、共通のファイル形式を定めて全てのソフトで使えるようにしようではないかと
そういう気持ちがあってSMFが誕生したんだと思います。

▲ ページトップへ ▲