asrite.net - TOP

midiをCDに焼いてみましょう。(3)

[2]で作ったデータを使って、曲をCDに焼きます。

ここからは、普通の音楽CDを作る作業と全く同じですので
っていうか普通の音楽CDを作る作業そのものですので(ぁ
この作業についてわかっている方は完全にすっ飛ばして構いません。


まず、音楽をCDに焼くときは

1.CD-R(W)ドライブ
2.ライティングソフト(音楽をCDに焼くソフト)

が必要となります。

1については、最近のパソコンには基本装備されているし、
もしなくても、そこら辺のお店で購入できるはずですから
すっ飛ばします(ぁ
そうそう、パソコンのどこかに、ボタン押すと何か出てきて
ここにCDを入れてくれ、と叫んでいそうな部分です。。

・・・とりあえず「ライティングソフト フリー」で検索すれば
何か出てくるかもしれません。

2については、パソコンに基本装備されていないこともあります。
が、私のパソコンには既にインストールされてたので
すっ飛ばしm(駄目
もし無くても、Vecterにありそうな雰囲気だし、
そこら辺のPCショップで買えそうな雰囲気ですので
すtt(ry
てか自作パソコンで無い限り、ひっそりとインストールされていることもあるし
貴方のパソコンのソフト一覧から探してみてください。
私もそれでPC内のライティングソフトを発見したのですから(ぁ

えっと、私が使ってるソフトはドラッグアンドドロップして
書き込み開始ボタンを押すだけでCDを作ってくれる優れものです。
・・・少なくとも、私にとっては優れものだと思います(ぁ

他のソフトは使ったことが無いので一切わかりません。

《Drag'n Drop CD》
Drag&Drop CD
(C)2000-2003 Digion Inc. and Easy Systems Japan Ltd.


作業説明。

空CD-R(W)をドライブに入れて
ライティングソフトにさっきのmp3をドラッグ&ドロップなどして
『書き込む』ボタンを押せばそれで完了です。

・・・なんかメインの文章が3行で終わっちゃったよ。
まぁいいか。。

書き込み開始が始まったら、しばらく待てば
そのうち書き込みが終わってくれます。
あとはCD再生プレイヤーで聴きまくりましょう。

そうそう、フェードアウト処理などの編集・加工作業は完全にすっ飛ばしてます(ぁ
激しくご了承ください。

では、終わり。

midiをCDに焼いてみる(2)へ

▲ ページトップへ ▲